アナウンス

 

 

発表会のアナウンスは生徒さん達がやります。

 

 

 

 

 

だいたい小学生が中心ですが、全員1回必ずアナウンスします。

 

 

 

 

このアナウンスが羽金教室「お手伝い」の第一歩。

 

その後、中学生からは裏方など色々お手伝いしてもらいます。

 

 

 

 

今年も小3の女の子と小4の女の子、

 

そして・・・

 

 

 

 

 

靭帯損傷であまり動けない中学生にやってもらう予定です。

 

本当は裏方を手伝ってもらうつもりでした。

 

先日ギブスは取れたものの

 

まだしゃがんだりすることができないそうなので

 

座ってしゃべるアナウンスは適任(^_^)

 

 

 

 

子供たちが読むので事前準備は念入りに、

 

アナウンス用原稿も作り、練習もします。

 

 

 

 

そんな時、コチラが便利です。

 

 

 

 

 

昔、MDコンポで録音していた時使っていたマイク。

 

コードは切って処分してしまい、もう使用不可ですが

 

これがあれば「雰囲気」は出ます。

 

 

 

 

 

 

原稿を読むのは結構大変です。

 

慌てず、ゆっくり、皆さんに聴きとっていただけるように・・・

 

 

 

 

そして、演奏者の名前、曲の名前、作曲者などの確認。

 

特にカタカナが大変です。

 

 

 

 

デュットン、リュリ、ペツォルト、

 

パッヘルベル、ヴィラ・ロボス、ドビュッシー・・・

 

言いにくい作曲家の名前や

 

 

 

 

K.545 (ケッヘル545)

 

Op.70-1 (オーパス70の1)

 

幻想即興曲も言いにくいですね。

 

 

 

 

 

そんなカタカナの中で最難関は連弾の

 

「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」

 

 

 

 

???

 

一体何かと思ってしまいますがこれは曲名です。

 

メリーポピンズの中で歌われています。

 

 

 

 

 

人気の曲で、今までも弾いた子がいますが、

 

アナウンス泣かせの曲名ですね(;´Д`)

 

 

 

 

 

間違えても構いません。

 

ゆっくり丁寧に。

 

 

 

 

 

でもアナウンスは意外に「人気」で、

 

「またやりたい!」とよく言われます。

 

 

 

 

 

演奏も大事ですが

 

普段味わえないいろんな経験もしてほしいと思っています(^_^)